okamoto_01

岡本 智美
出身:姫路市
学校:京都女子大学 文学部
説明会参加:7社
内定先:株式会社アイデック

私の就活スケジュール

3年生の7月に、はりまっちの就活勉強会に参加したのが私の就活のスタートでした。それ以降毎回参加し、就活勉強会のコンテンツ通りに就活準備を進めてきました。おかげで、自己PRや学生時代頑張ったことなどの定番質問は、早い段階で仕上がっていました。ただ、何をやりたいかだけは漠然としていて、「土日休みやったらどこでもいいや」くらいに考えていました。そうこうしているうちに、就活解禁直前の2月を迎えることに。2月に、はりまっちさんが主催する1DAY合同インターンシップというイベントがあり、私も参加してみました。私は特に目指している業界が無かったので、とりあえずブースの予約状況が少ないところに参加することにしました。そのほうが人事の方の話を近くで聞けるし、質問もしやすいと思ったからです。そこで、ある通信販売会社のインターンを受けてみることにしました。そのインターンで、通信業界のイメージが180度変わりました。私たちの生活を豊かにしてくれるのがITや通信であり、これからの通信販売会社は、携帯電話を販売するだけでなく、ロボットやウェルネスなどを通じて、面白くて凄い未来を創っていくお手伝いをする仕事なんだと教えてくれました。そんな世界に私も関わっていきたいと興奮したのを今でも覚えています。休みの曜日なんてちっぽけなことにこだわっていた自分が恥ずかしくなったと同時に、志望業界が固まった瞬間でした。それ以降、はりまっちに掲載している通信会社はすべてエントリーし、すべての企業で内定をいただくことができました。

アイデックさんに入社を承諾した決め手

正直かなり悩みました。一人で考えていても結論が出ないと思い、内定をいただいた企業全社に「職場を見学させてください」とお願いをしました。今までは、主に人事の方と話をしていたので、現場で働く人とも話すことで、決断のヒントになるのではないかと考えたからです。そして、最終的にアイデックさんに決めた理由は、現場の方が一番キラキラ輝いていて、私の細かい質問にも一つひとつ丁寧に答えてくださり、私もこの人たちと一緒に働きたいと思えたからです。
みなさんも内定後に悩んだときは、ぜひ頭の中だけで考えずに、フットワークを軽くして、行動してみてください。きっとヒントがつかめると思いますよ。

就活で楽しかったこと、学んだこと、成長できたこと

私は人の話を聞くのは好きでしたが、自分のことについて話すことや、大人の方とコミュニケーションを取ることが苦手で、面接なんて絶対できないと思っていました。しかし、はりまっちの就活勉強会のグループワークや模擬面接、採用担当者の方との交流を通じて、徐々にそれらを楽しめるようになってきて、今振り返っても面接はどの企業でも楽しい時間でした。
このように、自分が変われること、成長できることも就活の楽しさの一つですね。
他にも、自分の知らなかった業界や仕事、会社を毎日のように発見できるので、就職サイトを見ているときや合説に参加しているときなどは、ワクワクした気持ちになり、楽しみながら活動できました。

就活で大切にしていたこと(心構え、気持ち、ジンクスなど)

すべてのことをポジティブに捉えるようにしていました。面接前は不安になることもありましたが、「今日の面接官はどんな人だろう?」「どんな話になるのかな?」と面接の楽しい部分を想像するようにしていました。
また、自分が何をしているときにテンションが上がるかを把握し、気分が乗らないときは意識的にその行動を取り入れるようにしていました。たとえば、私はお城が大好きで、全国のお城の中でもやっぱり姫路城が一番好きで、姫路城を見ると自然とテンションが上がるんです。なので、企業に訪問する際は、「この会社まで行くのに、姫路城が見られるルートはどれかな?」などと考えていました。また、「back number」というバンドの「SISTER」という曲も大好きで、これを聞くとモチベーションが一気に高まるので、選考前には毎回聞いていましたね。

ココが良かった、はりまっち

地元の企業しか掲載されていないので、地元就職を目指していた私にとっては非常に使いやすく、はりまっちだけを使って就活をしていました。
就活勉強会では履歴書やESの書き方、面接マナー、模擬面接など、就活で必要なことをすべて学ぶことができ、私の就活準備は、はりまっちの就活勉強会をもとに行っていました。私は京都に住んでいたので、時間と交通費がけっこうかかるんです。それでも毎回参加したのは、他では聞けない就活の裏側なども教えてくれて、毎回収穫があり、ライバルより一歩リードできた気がして、勉強会に参加するたびに自信を深めることができたからです。
また勉強会は、講座を聞くだけの一方通行ではなく、グループワークが多いので、勉強会を通じて友だちがたくさんできました。京都の大学に通っていたため、地元の情報収集に苦労するかなと就活当初はとても不安でしたが、それも勉強会で出会った学生とLINEを交換したり、ご飯に行ったりして、いろいろ情報交換ができたので、その不安も次第に解消されていきました。

19卒向け はりまっちの就活イベント一覧はこちら!