ishida_01

石田 絢香
出身:たつの市
学校:関西学院大学 社会学部
説明会参加:10社
内定先:ダイネン株式会社

私の就活スケジュール

3年生の秋頃、4年生の先輩に「地元で就職したいんです」と相談すると、「ほな、はりまっちには絶対行かなあかん」と言われました。「毎月、就活勉強会っていうのを開いてて、私もそこで勉強したことをそのまま実践したら、いっぱい内定取れたから」と。そして10月に初めて、はりまっちの就活勉強会に参加しました。勉強会は、目から鱗が落ちるノウハウが満載で、先輩の言っている意味がわかりました。それからは毎月就活勉強会に参加し、就活に関する様々なことを教えていただきました。私も先輩と同じように、はりまっちの就活勉強会で教わったことをそのまま実践しました。
2月には、1社の企業インターンシップと、はりまっちが主催した1DAY合同インターンシップや、「採用担当者による本音バトル」というイベントに参加し、就活の意識を高めていきました。就活が解禁するまでに、はりまっちの勉強会で教えてもらったことを参考にしながら、履歴書を完成させました。また、はりまっちのサイトを見ながら企業研究も進め、3社だけ使える特別なエントリー「プレミアチケット」を、どの企業で使うか検討していました。
そして就活解禁後の3月は合説にできるだけ参加し、多くの企業を見ていました。はりまっち主催の合説をはじめ、地元開催のものはすべて参加しました。
4月、5月は、就職サイトや合説で興味を持った企業の個別説明会に参加したり、選考に挑んだりしました。
3月、4月はほぼ毎日、就活の予定が入っていました。スケジュール帳に何も書かれていない日も、ESの作成などに追われていて、休みはほとんどありませんでしたね。それを思うと就活解禁までに履歴書を完成させておいて、本当に良かったと思います。

ダイネンさんに入社を承諾した決め手は?

社員の方の人柄と楽しそうな社風で決めました。合説で初めて説明を聞いたとき、説明してくださった方がとても優しくて魅力的で、まずその人柄に惹かれました。また、ダイネンさんのブース自体の空気がとても良く、その楽しそうな社風に好印象を持ちました。そして個別の説明会でも、その印象は変わらないどころか更に膨らみ「絶対ダイネンさんで働きたい」と強く思いました。想いが強すぎて、面接では緊張して声が震えたり、言葉が詰まったりしてしまうこともありましたが、そんな私の話を面接官の方は、「うんうん」と優しくうなずきながら聞いてくださり、本当の私を引き出してくださったので、楽しんで面接を受けることができました。面接がこんなに楽しいと思えたのはダイネンさんだけで、選考が進む度に志望度はどんどん膨らんでいきました。内定通知をいただいたときは涙が出るほど嬉しかったですね。

就活で辛かったこと、それをどう乗り越えたのか

正直、不採用の結果が続いたときは辛かったですね。そういう時は、家に閉じこもるのではなく、はりまっちのイベントに行ったり、地元の友達と会ったり、電話をしたりしていました。友達と話しているうちに、「自分だけじゃないんだ。みんな辛い思いをしているんだ」「お互い支え合ってがんばろう」と思えて、乗り越えることができました。また、はりまっちのイベントに行くと、スタッフの方がいつも笑顔で迎えてくださり、不安で心が折れそうなときも、はりまっちの方の笑顔を見ると元気が取り戻せました。不安なときに、「私には、はりまっちがある」と思えたことが自信になり、就活中は何度も励まされました。

就活で大切にしていたこと(心構え、気持ち、ジンクスなど)

第一志望だったダイネンさんの面接の日など、とくに緊張しているときは、小学校から習っているピアノを弾くことで、心を落ち着かせていました。ダイネンさんの面接の日は、ピアノを弾く時間を考慮して、目覚まし時計もセットしていました。緊張したときに、自分の心を落ち着かせてくれるものがあればとても心強いですよ。そういうものがあれば、ぜひ就活でも取り入れてみてください。もし無いなら、今からでもぜひ探してみてください。たとえば、音楽や香り、好きな俳優の写真とか、何でもいいと思います。それがあれば、あなたがピンチのときにきっと助けてくれますよ。

ココが良かった、はりまっち

私は就活のすべてをはりまっちで教えてもらいました。就活勉強会では、個別に悩みを聞いてくれる相談コーナーがあったり、企業の人に模擬面接をしていただけたり、グループディスカッションの練習ができたりと、毎回収穫ばかりで、勉強会が無かったら今頃私はどうなっていたんだろうと、想像すると恐ろしいくらい、就活に関する様々なことを教えてくれました。
就職サイトも、はりまっちを中心に利用していました。はりまっちには、全国サイトにはない地元の優良企業がたくさん掲載されていて、「へー、地元なのに自分の知らない企業がこんなにもあるんだー」とワクワクしながら見ていました。はりまっちがあったからこそ、知らなかった企業とも出会い、今の内定があると思っています。
サイトだけでなく、はりまっちが主催する合説にも、地元のユニークな企業がたくさん出店されていました。しかも他の合説と比べて企業の方との距離がとても近く、社風や人柄なども理解できるので、大変充実したものでした。他にも、はりまっちの合説に参加すると、はりまっちのスタッフの方から元気がもらえるという副産物もついてきます。正直、それを目的に参加したこともありましたね。
また、この「内定者インタビュー」も、とても参考になり、悩んだ時はこのページを見て、元気をもらっていました。「今年は私がここに出たい!」というモチベーションにも繋がりました。目標が達成できて本当に嬉しいです。

19卒向け はりまっちの就活イベント一覧はこちら!