shigeta_01

重田 夢伽
出身:三木市
学校:神戸親和女子大学 発達教育学部
説明会参加:10社
内定先:モリス株式会社

私の就活スケジュール

3年生の夏休み、友達に「無料やのに、就活にめっちゃ役に立つ勉強会が姫路であるで」と、はりまっちが主催している就活勉強会を教えてもらい、参加したのが私にとっての就活スタートでした。それ以降は、就活勉強会で学んだことを参考にしながら、自己PRやインターンシップの応募書類を作成していきました。年が明けると、就活勉強会もリクルートスーツになったり、企業の人事担当者も登場したりするなど、徐々に緊張感が増してきました。後半の勉強会では、企業の人事の方に模擬面接をしてもらったり、個別に相談に乗ってもらったりしました。ここで出会った企業さんから2月開催のインターンシップに誘っていただき、本格的に就活モードに入っていきました。
そして3月1日、ついに就活が解禁しました。3月は合説中心に参加し、3月下旬から徐々に個別の会社説明会が始まりました。4月以降は選考がスタートし、就活漬けの日々を過ごすことになりました。

モリスさんに入社を承諾した決め手は?

はりまっち主催の「はりまっちんぐ交流会」という、学生同士がグループディスカッションをして、それを企業さんが見守り、気に入った学生にはラブレターを渡すというスカウト型の合説があります。この合説に参加し、モリスさんからラブレターをもらったのが意識したきっかけでした。そしてモリスさんの説明を聞いてみると、「これは私にピッタリの仕事だ!」と運命の会社に出会えたような興奮を覚えました。私はソフトボール部に所属していて、スポーツが大好きです。「できれば体を動かす仕事がしたい」「一日事務所にいて、机の前でずっと作業をする仕事は向いてないな」と思っていました。ただ、日曜や祝日くらいは休みたいなとの思いもあり、そうなると、事務職しかないかなーと諦めかけていた時でした。モリスさんの仕事は、体を動かす仕事のうえ、日曜、祝日は休み!もうドンピシャでした。肩こりやむくみとも無縁。健康になって、ダイエットもできて、お給料もいただける。最高の仕事だと思いました。また、育休・産休の制度もしっかりしていて、長く働けることも魅力的でした。

就活で楽しかったこと、学んだこと、成長できたこと

就活で楽しかったことは、多くの他大学の友達ができたことです。就活は一人で進めると、ネット上の間違った情報を信じ込んでしまって不安になったり、分からないことがあってもそのままになります。しかし仲間と進めていると、情報交換ができたり、悩みを相談できたりして、有利に就活を進められますし、不安も軽減できます。その点、はりまっちの就活勉強会は、聞くだけの講座形式だけでなく、グループワークが多いため、自然と友達が増えるので良かったですね。
また就活は、社会の厳しさを教えてくれる場でもありました。思った通りに物事が進まないことや、理不尽なことも多く、予想外の展開に思わず涙したこともありました。とても辛かったのですが、それでも時間は待ってくれません。「いつまでもクヨクヨせずに、切り替えよう!」と前向きな気持ちでいることを心がけました。そのおかげで、性格も前向きになり、精神的にも強くなれたと思います。

就活で大切にしていたこと(心構え、気持ち、ジンクスなど)

業界や企業の社風によって、髪型やスーツを変えていました。自己満足ではなく、相手がどう感じるか?を意識していました。たとえば、女性でもバリバリ働く社風の会社には、髪の毛はしっかり後ろでくくり、パンツスーツで挑んでいました。逆に、堅い社風の会社では、髪の毛はおろして、スカートにしていました。
そしてどちらのタイプの会社でも、面接では、大きな声でハキハキと話すように心がけました。また集団面接では、他の学生が話している際も、笑顔は絶やさずに、しっかり頷いていました。
他の学生の話をしっかり聞くことは、アピールになるだけでなく、「そういう表現の仕方があるのか」「間の取り方がうまいな」などと、参考になることもたくさんあります。他の就活生の良いところは、次の面接で取り入れるようにしていました。

ココが良かった、はりまっち

就活勉強会では、履歴書、ESの書き方、面接の受け方、グループディスカッションの戦い方など、就活のすべてを教えていただけます。私は3年生の8月から勉強会に参加し、就活解禁までにはある程度の準備が済んでいたため、解禁後は受験する企業の対策に時間を使えました。勉強会では、人事の方に1対1で直接相談できる機会もあり、大人とのコミュニケーションに慣れたり、企業目線でアドバイスをいただけたりして、とても有意義でした。本番の面接では、悪かったことはもちろん、良かったことも教えてくれる機会はほとんどありません。しかしこの勉強会では、企業さんから、直したほうがいいところをハッキリと教えてくださるので、それを一つひとつ改善していくことで、成長もできますし、良いところも褒めていただけるので自信にもなります。
また、「はりまっちんぐ交流会」は、本番さながらの雰囲気の中でグループディスカッションができるので、最高の練習の場になります。私は女子大に通っているため、男性を交えての練習ができなかったのでとても助かりました。ここでも勉強会と同様、企業さんからアドバイスももらえますし、ラブレターは何より自信になりました。

19卒向け はりまっちの就活イベント一覧はこちら!