maeda_01

前田 咲希
出身:姫路市
学校:甲南大学 文学部
説明会参加:18社
内定先:ネクスト・ワン株式会社

私の就活スケジュール

3年生に入ってから、就活関連の講義やセミナーが大学で始まり、私もそれに合わせるカタチで徐々に就活を意識していきました。就活が解禁されると、合説、会社説明会訪問、ES提出、面接などが一気に始まって余裕がなくなると聞いていたので、早めの対策を心がけていました。ベースとなる自己PRや学生時代頑張ったこと、SPI対策などは解禁までに済ませていました。そして、3月1日の解禁日から本格的に企業の情報収集をスタート。解禁日に開催された、はりまっちさんの合説を皮切りに、地元開催の合説には時間が許す限り参加しました。合説では、予め参加する企業を調べて、どの企業を訪問するか事前にシュミレーションし、“絶対に話を聞く企業リスト”を作ってから参加していました。合説では、開始時間から終了時間まで、お昼ごはんも食べずに、とにかく回れるだけ回りました。合説の良いところは、1日で数多くの企業を一気に比較検討できることです。就職サイトで興味を持った企業でも、合説で実際に話を聞くと、自分には合わないと感じることがよくありました。それを、個別の説明会で気付いていては遅すぎます。そのロスを無くすために合説があると思います。また、“絶対に話を聞く企業リスト”以外の企業でも、席が空いていたり、声をかけられたりした企業のブースには、積極的に足を運びました。そこから、興味がわいた企業も数社ありましたね。
このような調子で、3月前半は合説中心に活動し、後半は合説で出会った企業の中から、興味を持った企業に絞り、個別の会社説明会に参加しました。4月からは、ES提出や選考に追われる日々を過ごしました。それらをなんとか乗り越えて、6月中旬に志望企業から無事内定をいただけて、就活を終了しました。確かに、解禁してからSPIの勉強をしたり、ESをイチから考えたりしている余裕はありませんでした。
就活が始まってからは、ほとんど毎日のように就活の予定が入っていましたが、生活を就活一色にするとしんどくなりそうだったので、アルバイトは辞めずに続けていました。忙しいながらも、アルバイトが結構良い息抜きになっていました。

ネクスト・ワンさんに入社を承諾をした決め手は?

人事担当者のフランクで優しい人柄、選考してくださった役員の方々の人間的な魅力、130年の歴史がある地元企業。これらを総合的に鑑みて決意しました。ネクスト・ワンさんとの出会いは、はりまっちさん主催の合説でした。そのとき説明してくださった人事担当者の、飾らないフランクな感じに惹かれました。私が就活で大切にしていたことも、“飾らず”“本音で”“自分らしく“だったからです。この会社なら、素の自分を評価してくれそうと感じましたし、入社後も素の自分でいられると感じました。選考も、面接というよりは、おしゃべりしている感覚に近かったかもしれません。面接が一番楽しかったのもネクスト・ワンさんでした。
内定後に懇親会があり、社長や他の社員の方とお話する機会がありましたが、まさにイメージ通り。みなさん面白くて気さくな方ばかりで、とっても楽しい時間でした。この会社に決めて本当に良かったと改めて感じましたね。

就活で楽しかったこと、学んだこと、成長できたこと

楽しかったことは、大勢の人と出会えたことですね。普段は別の大学の学生と話す機会など、ほとんどありませんでしたが、説明会や選考などで一緒になった子と、仲良くなってLINE交換をしているうちに、人脈がどんどん広がっていきました。
また就活を通じて、メンタルが強くなったと思います。就活では、毎日履歴書を書いたり、合説や会社説明会に参加したり、面接や筆記試験を受けたり、合間を見て大学のキャリアセンターに行ったり……と結構大変なんです。これだけ毎日頑張っていても、不合格の通知は容赦なく送られてくるので、「頑張っているつもりなのに」としんどくなることもありました。しかし、「自分はあの企業とは合わなかったんだから仕方ない」と良い意味で諦められるようになりました。何事も悲観的になるよりは、前向きに捉えることの大切さを学びました。
また、しんどい時に支えてくれた両親や友達の存在のありがたさも感じることができました。周りに支えられながら生きているということに気付くことができ、周りへの感謝の気持ちを今まで以上に持つことができました。これも成長の一つかなと思います。

就活で大切にしていたこと(心構え、気持ち、ジンクスなど)

素の自分を大切にしていました。最初は、少しでもよく見せたいという気持ちがあり、自分を演じていたところがありました。しかし、それでは不自然に見えるのか、企業の方には見透かされて、結果が思うように出ませんでした。「どうせ落とされるなら、自分らしくぶつかろう」と、気持ちを切り替えて、想定問答集なども捨てて、素直に自分の言葉で話すことを心がけました。そうすると自然と肩の力が抜けて、あまり気負わず緊張せずに面接に臨めるようになり、それと比例して結果も付いてきました。「面接に行く」というよりは、「しゃべりに行く」という感じでしたね。
素のほうが自分も楽だし、結果も出る。まさに一石二鳥ですよね。ぜひ、みなさんも素の自分を大切にしてください。

ココが良かった、はりまっち

地元就職を希望していた私にとって、地元企業がたくさん紹介されている、はりまっちさんのサイトはとても使いやすくて、ありがたかったですね。はりまっちさんのおかげで、地元の多くの企業を知ることができました。合説も、家の近くの姫路商工会議所で開催してくれるので、交通費もかからず、気軽に参加できました。とはいえ、初めての合説は多少緊張もありました。しかし、はりまっちのスタッフさんが笑顔で応対してくださったり、人事の方との距離の近い合説だったりと、スグに緊張も和らぎました。播磨で就職を希望する方は、はりまっちさんはお勧めです!

19卒向け はりまっちの就活イベント一覧はこちら!