小倉 三香子
出身:たつの市
学校:神戸医療福祉大学 社会福祉学部
説明会参加:7社
内定先:有限会社ほおずき

私の就活スケジュール

三年生になってから、学内で開かれる就職セミナーなどに参加し少しずつ就活について情報収集していました。偶然見かけたパンフレットではりまっちを知ってからは、はりまっちを主に活用しました。地元での就職が絶対条件だったので西播磨に特化していたはりまっちは、私にぴったりでした。そして三月就活が解禁されると同時に、はりまっちの合説に参加しました。社会福祉を学ぶ大学に通っていましたが、合説はたくさんの企業に出会えるチャンス。一度視野を広げて一般企業も見てみようと思い、業種を限定することなく気になる企業は片っ端から覗きました。何度目かの合説で、たまたま通りかかったほおずきのブースの前で「少し話を聞いていかないか」と呼び止められました。なんとなく気になったので話を聞いてみることにしました。そしてその出会いをきっかけに、原点である社会福祉の道に進むことを決意。その後4月に施設見学、入社試験を受け6月に内定をいただきました。就活開始当初は進路を決めきれずに様々な会社を見ることにしたので、もしかしたら遠回りしているのかな…と思うこともありましたが、振り返ってみると最初から道を決めつけなくて良かったと思っています。様々な業界を調べて、気になる企業を見た結果、自分が納得した進路を選ぶことができたので、迷いや不安が微塵もないすっきりとした気持ちで入社することができました。

ほおずきさんに入社を承諾した決め手は?

中学校のトアライアルウィークで訪れたデイサービスでの経験をきっかけに介護福祉の仕事に興味をもち、社会福祉士を目指し進学した私。でも、ちょうど就活について考え始めた頃は自分の進むべき道について少し迷っていました。どちらかというと感情を表に出しやすい私は介護の仕事は向いてないのでは…と自信をなくしかけていたのです。でも、ほおずきさんに声をかけられて詳しく話を聞いてみると、それまでの不安がスーッと消えていったのを昨日のことのように覚えています。声をかけてくださった人事の小林さんがとにかく人情味溢れる面白い人でした。会社の話だけでなく、自身の経歴の話も時間の許す限りしてくれました。話を聞いているだけで、スタッフ一人一人の個性が大事にされていることが伝わってきたんです。ここなら自分もやっていける!私らしい介護ができる!そんな予感に胸が高鳴りました。私は企業を見るとき人をしっかり観察するようにしていたのですが、ほおずきは本社のみなさん、実際に働いている方の表情や雰囲気、肌のツヤまでもがピカイチでしたね。それまで見てきた施設や一般企業で、こんなに惹きつけられるところは他にありませんでした。その後、見学にさせてもらった施設もまた明るく清潔感のある施設で、もう働くならここしかない!と強く思うようになりました。面接を経て無事内定をいただけたあとも、些細な質問などに丁寧に対応してもらい、本当にほおずきに決めて良かったと思いました。

就活で学んだこと、大切にしていたこと

どのような場面でも自分を飾らずありのままの自分でいることを忘れないようにしていました。もし無理に自分を作り上げて入社することができたとしても、辛くなったり続かなくなったりするのは目に見えていたからです。初めての面接はさすがに緊張しましたが、人と人とが出会い話す場なんだと捉えてみると、自然と構えることなく臨むことができました。そして、就活の最中は何が起きても今後のためにいい経験ができた!と思うようにしていました。それなので私にとって就活は、落ち込んだり、辛いと思ったりした記憶はほとんどないんです。でも履歴書やESをまとめることが苦手だったので、締め切り前は頭を抱えてしまうこともありました。そんなときは卒業後の自分の将来像を想像して、自分のテンションをあげて乗り切りっていました。就活を通して得たものは数え切れません。社会人として必要なマナーや、言葉遣い、身だしなみなど、学生時代では知らなかったことについて知るのは面白い!の連続でした。また社会についてや、今後どんな人材を目指していけばいいのかについて自分の頭で考えるきっかけにもなりました。

ココが良かった、はりまっち

はりまっちは地元に特化しているので、溢れかえる情報に翻弄されてしまうことはありませんでした。就活サイトは他にたくさんあり私も登録してみましたが、情報量が多すぎて中々使いこなせずにいたんです。はりまっちを見れば、「地元で転勤なし」という私の条件に当てはまる企業がばっちり分かりました。その中で自分に合う企業を探せば良かったので効率よく自分のペースで就活を進めていくことができました。またはりまっちの合説の開催場所は、姫路というのは助かりました。おかげで忙しいスケジュールの中でも足を運びやすかったです。規模もちょうど良くアットホームな雰囲気なので、一人でも気兼ねなく参加できるところがお気に入りでした。企業と学生も近い距離感で話せるので、自分に合った企業が一層見つけやすかったと思います。西播磨で就職を考えているなら、はりまっちを使わない手はないよ!と周りの友人にもばんばん勧めていました。

19卒向け はりまっちの就活イベント一覧はこちら!